コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長光寺山古墳 ちょうこうじやまこふん

1件 の用語解説(長光寺山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうこうじやまこふん【長光寺山古墳】

山口県厚狭(あさ)郡山陽町郡(こおり)に所在する前方後円墳。厚狭盆地を見下ろす標高60mの丘陵頂にあり,南西面する前方部を山側に,後円部を盆地側に向けて営まれる。1881年に古墳をあばき,遺物を取りだした。その後もなお密掘を受けたが,1971年に小野忠凞が初めて学術発掘を行い,新しい知見が加わった。古墳は全長62m,後円部径37m,前方部幅26mを測り,葺石(ふきいし),埴輪を有する。後円部に,東西に並ぶ竪穴式石室2基を備える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長光寺山古墳の関連キーワード赤間石小郡小野田郡山市郡山郡山盆地郡山城山陽小野田大和郡山粟屋活輔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone