コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾鼻 ながおばな

3件 の用語解説(長尾鼻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長尾鼻
ながおばな

鳥取県中部,鳥取市の北西部に位置し,日本海に突出する半島。長尾岬ともいう。輝石安山岩溶岩台地が海に突き出たもので,海食崖の発達が著しく,高さ 30m以上に及ぶものもある。北端に長尾鼻灯台があり三方が望める景勝地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ながお‐ばな〔ながを‐〕【長尾鼻】

鳥取県中央北部にある、日本海に突出した岬。北端の断崖上に高さ68メートルの灯台が、西端には海女(あま)漁業で有名な夏泊(なつどまり)がある。名の由来は鳥の長い尾羽根に似ていることから。長尾ノ鼻。長尾埼。長尾岬。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長尾鼻
ながおばな

鳥取県中北部、日本海に突き出た岬で、鳥取市に属する。長尾岬ともいう。東方には短尾鼻(みじかおばな)がある。第三紀末溶岩台地で、三方が展望できる景勝地。東端の魚見台は、長老が魚群の集来を看取して崖下(がいか)の漁村民に知らせた所で好展望台となっている。北端台地上に39万カンデラの長尾鼻灯台があり、西端には海女(あま)漁業で有名な夏泊(なつどまり)がある。[岩永 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長尾鼻の関連情報