コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青谷 あおや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青谷
あおや

鳥取県東部,鳥取市北西部の旧町域。日本海に面する。 1914年町制。 1953年日置谷村,中郷村,勝部村と合体。 1955年日置村を編入。 2004年鳥取市に編入。中心集落の青谷は勝部川,日置川流域を後背地とする谷口集落として発展。天正年間 (1573~92) には鹿野城亀井藩の外港,江戸時代は山陰道の宿場町,藩倉所在地として繁栄。日置川上流の山根,河原などは古くから因州紙の産地として知られる。長尾鼻西岸の夏泊は海女の潜水漁業で有名。海水浴場,観光地として発展している。一部は西因幡県立自然公園に属する。国の重要無形民俗文化財の菖蒲綱引き行事を伝える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青谷
あおや

鳥取県中東部、気高(けたか)郡にあった旧町名(青谷町(ちょう))。現在は鳥取市の西端を占める地域。旧青谷町は1914年(大正3)町制施行。1953年(昭和28)日置谷(ひおきだに)、中郷(ちゅうごう)、勝部(かちべ)の3村を、1955年日置村を編入。2004年(平成16)国府(こくふ)町、河原(かわはら)町、用瀬(もちがせ)町、気高町、鹿野(しかの)町、福部(ふくべ)村、佐治(さじ)村とともに鳥取市に編入。旧町域は、北は日本海に面し、日置川と勝部川の流域に位置する。JR山陰本線、国道9号、青谷・羽合(はわい)道路が通じる。中心の青谷は、奈良時代の山陰道の古駅で、江戸時代も宿場町。現在は商工業の町。東方の長尾鼻(ながおばな)は日本海に迫る安山岩質の溶岩台地で、岬端には39万カンデラの長尾鼻灯台、西側端には海女(あま)の村夏泊(なつどまり)がある。谷奥の河原(かわら)、山根(やまね)地区は古くから因州紙(いんしゅうがみ)の産地として知られ、山根和紙資料館がある。「因州青谷こうぞ紙」は県の無形文化財、また「日置のはねそ踊」は県の無形民俗文化財、青谷の「因幡(いなば)の菖蒲(しょうぶ)綱引き」は国の重要無形民俗文化財に指定されている。[岩永 實]
『『青谷町誌』(1984・青谷町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

青谷の関連キーワード青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡鳥取県鳥取市青谷町青谷青谷上寺地遺跡展示館神戸海星女子学院大学日置桜酒造資料館因幡の菖蒲綱引き大阪府柏原市青谷青谷上寺地遺跡国府(鳥取県)梅酒ハイボール鹿野(鳥取県)あおや和紙工房鳥取県鳥取市泊(鳥取県)武信 由太郎湯梨浜(町)山田与五郎城陽(市)徳安 実蔵青谷[町]

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青谷の関連情報