コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青谷 あおや

2件 の用語解説(青谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青谷
あおや

鳥取県東部,鳥取市北西部の旧町域。日本海に面する。 1914年町制。 1953年日置谷村,中郷村,勝部村と合体。 1955年日置村を編入。 2004年鳥取市に編入。中心集落の青谷は勝部川,日置川流域を後背地とする谷口集落として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青谷
あおや

鳥取県中東部、気高(けたか)郡にあった旧町名(青谷町(ちょう))。現在は鳥取市の西端を占める地域。旧青谷町は1914年(大正3)町制施行。1953年(昭和28)日置谷(ひおきだに)、中郷(ちゅうごう)、勝部(かちべ)の3村を、1955年日置村を編入。2004年(平成16)国府(こくふ)町、河原(かわはら)町、用瀬(もちがせ)町、気高町、鹿野(しかの)町、福部(ふくべ)村、佐治(さじ)村とともに鳥取市に編入。旧町域は、北は日本海に面し、日置川と勝部川の流域に位置する。JR山陰本線、国道9号、青谷・羽合(はわい)道路が通じる。中心の青谷は、奈良時代の山陰道の古駅で、江戸時代も宿場町。現在は商工業の町。東方の長尾鼻(ながおばな)は日本海に迫る安山岩質の溶岩台地で、岬端には39万カンデラの長尾鼻灯台、西側端には海女(あま)の村夏泊(なつどまり)がある。谷奥の河原(かわら)、山根(やまね)地区は古くから因州紙(いんしゅうがみ)の産地として知られ、山根和紙資料館がある。「因州青谷こうぞ紙」は県の無形文化財、また「日置のはねそ踊」は県の無形民俗文化財、青谷の「因幡(いなば)の菖蒲(しょうぶ)綱引き」は国の重要無形民俗文化財に指定されている。[岩永 實]
『『青谷町誌』(1984・青谷町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青谷の関連情報