コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長州藩諸隊 ちょうしゅうはんしょたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長州藩諸隊
ちょうしゅうはんしょたい

江戸時代末期,長州藩が他藩にさきがけて編制した近代的軍隊。創始者は高杉晋作。文久3 (1863) 年士民の別を問わないで広く藩下の壮丁 (そうてい) から募集して編制した奇兵隊嚆矢。のち八幡隊,膺懲隊,集義隊,遊撃隊,御楯隊などの諸隊が藩の募兵によって編制され,総管軍監などの司令に従うものとされた。慶応3 (67) 年諸隊は整理されて,鋭武,整武,振武,健武の4隊と,私兵の性格をもつ奇兵隊になった。幕長戦争 (→長州征伐 ) や下関戦争 (→四国艦隊下関砲撃事件 ) に活躍したが,明治2 (69) 年兵制改革に反対して脱隊騒動を起し,鎮圧された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長州藩諸隊
ちょうしゅうはんしょたい

幕末に長州藩で組織された有志による隊の総称。1863年(文久3)に高杉晋作(しんさく)が赤間関(あかまがせき)(下関(しものせき)市)で奇兵隊を結成すると、下級藩士や百姓、町人の参加による隊が次々に編成された。そのおもなものに、遊撃隊、御楯(みたて)隊、鴻城(こうじょう)隊、南園(なんえん)隊、膺懲(ようちょう)隊、八幡(はちまん)隊、第二奇兵隊、集義隊、荻野(おぎの)隊があった。隊の編成は、総管、軍監、器械方、書記、会計方の幹部と兵士とからなり、数伍(ご)をもって小隊とし、数小隊をもって一隊とし、三田尻(みたじり)、赤間関、山口などに駐屯した。65年(慶応1)には、さらに10隊1500人の定員が定められ、隊士50名を単位に、総管、軍監、書記、斥候(せっこう)、隊長、押伍(おうご)各1名の役員を置き、また軍制改革によって、干城隊(かんじょうたい)を中核とする家臣団編成の隊や、農民を組織した農兵隊とともに、藩の統一的な軍事体制のなかに組み込まれた。翌66年の対幕府戦では、下関に奇兵隊、芸州口に遊撃隊が配置されるなど、藩の中心的軍隊として活躍した。67年には、小隊の各地に屯集することの軍事上の不備から、隊を大隊に編成し直し、奇兵隊と遊撃隊をそのままに、その他の隊を整武隊、鋭武隊、振武隊、健武隊とし、68年の戊辰(ぼしん)戦争へ参加した。しかし、69年(明治2)に兵制改革が行われ、常備軍が編成されると、諸隊は解散を命ぜられ、これを不満とする一部隊士は脱隊して、翌70年にかけて脱隊事件を引き起こした。[吉本一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

長州藩諸隊の関連キーワード中岡慎太郎徳大寺実則士族反乱河上彦斎所郁太郎横山安武農兵