コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長江大橋 ちょうこうたいきょうCháng jiāng dà qiáo

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうこうたいきょう【長江大橋 Cháng jiāng dà qiáo】

中国の長江(揚子江)に解放後はじめて架けられた南京,武漢(1957年完成)など4本の大橋。長江に架けられた橋を上流の四川から数えれば30余になるが,中でも3000mをこえる大規模なものとしては,武漢に架けられた京広鉄道のもの(4687m,1957年完成),九江に架けられた京九鉄道のもの(7675m,1995年完成),南京に架けられた京滬鉄道のもの(6772m,1968年完成)の3橋が道路も兼ねており,全国レベルでの南北交通に大きな役割を果たしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長江大橋
ちょうこうおおはし / チャンチヤンターチヤオ

中国、長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))に架けられた橋の総称で、白沙陀(パイシャートゥオ)、重慶(じゅうけい/チョンチン)、枝城(しじょう)、武漢(ぶかん/ウーハン)、南京(ナンキン)などの長江大橋がある。白沙陀長江大橋は重慶市付近にあり、1959年に完成した全長820メートルの道路・鉄道併用橋である。重慶長江大橋は80年に開通した8径間からなるプレストレスト・コンクリート橋で、全長1120メートル、幅員21メートル(車道15メートル、両側歩道各3メートル)の道路専用橋である。枝城長江大橋は洞庭湖(どうていこ/トンティンフー)の近くにある鉄道専用橋である。武漢長江大橋は最初に架けられた長江大橋で、ソ連の技術協力を得て工事が行われ、1957年に完成した。取り付け部を入れた全長は1670メートルあり、このうち水路上は河中に橋脚を設けて各支間128メートルの9径間にわたり、ダブルワーレン型連続トラス橋が架けられている。道路・鉄道併用の二層橋で、上層は幅員22.5メートル(うち車道幅員18メートル)の道路、下層は複線の鉄道を通している。使用された鋼材は2万1300トンに達する。この橋により初めて北京(ペキン)と広州との間に鉄道が直通し、中国の国内交通に大きな変革がもたらされた。南京長江大橋は68年に中国独自の技術によって完成した。全長は長江大橋中最長の6700メートルである。道路・鉄道併用の二層橋で、上層は道路、下層は鉄道を通している。この橋の完成により、北京―南京―上海(シャンハイ)間が鉄道で直結されることになった。[堀井健一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長江大橋の関連情報