長者番付(読み)チョウジャバンヅケ

デジタル大辞泉の解説

ちょうじゃ‐ばんづけ〔チヤウジヤ‐〕【長者番付】

金持ちの順位を示す番付。特に、税務署が公表した高額納税者の名簿をいう。
[補説]高額納税者の公表は、個人情報の保護や名簿を利用した犯罪の防止などの理由により、平成18年(2006)に廃止された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうじゃばんづけ【長者番付】

地域などで、高額所得者の所得や資産について順位を付けること。また、それを示す表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうじゃ‐ばんづけ チャウジャ‥【長者番付】

〘名〙 金持の順を示す番付。特に現代では、確定申告に基づき、税務官庁が公表した年間高額納税者名をもとに、その所得順、あるいは職業分類ごとの所得順を示す名簿の通称。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉五「質屋作太郎と云って幕末の長者番付(チャウジャバンヅケ)にも百万長者の中へ数へられし旧家があった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長者番付の関連情報