コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東往還記 かんとうおうかんき

3件 の用語解説(関東往還記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関東往還記
かんとうおうかんき

紀行文。1巻。西大寺中興の祖叡尊思円著。弘長2 (1262) 年,叡尊が鎌倉幕府の執権北条時頼の招きを受け,人々に菩薩戒を授け,律 (仏教の禁戒) を講じるため,半年間鎌倉へ下向した際の記録。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんとうおうかんき【関東往還記】

大和国西大寺律僧叡尊(えいそん)が1262年(弘長2)北条時頼・実時に招かれて鎌倉へ下向した時の日記。筆録者は従者性海。金沢文庫に伝わった古写本(尊経閣文庫現蔵,《史籍雑纂》所収)は,首尾を欠いていたが,その後金沢文庫から欠如している部分が発見され,関靖編によって《校訂増補関東往還記》として刊行された(1934)。この日記は《吾妻鏡》の欠如部分を補う貴重な史料である。【山田 洋子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関東往還記
かんとうおうかんき

奈良西大寺の叡尊(えいぞん)が、1262年(弘長2)の2月から8月にかけて鎌倉に下向した際の活動を、弟子の性海(しょうかい)が綴(つづ)った記録。これより先、金沢実時(かねさわさねとき)は見阿(けんあ)や叡尊の弟子の定舜(じょうしゅん)を使者として叡尊に東国布教を勧めていたが、叡尊はこれを応諾して鎌倉に下向。北条時頼(ときより)や実時をはじめとする御家人(ごけにん)の帰依(きえ)を得ると同時に、弟子の盛遍、忍性(にんしょう)、頼玄(らいげん)らをして鎌倉の貧民に食を施した。奈良国立文化財研究所(現、奈良文化財研究所)編『西大寺叡尊伝記集成』(1956)所収。[細川涼一]
『奈良国立文化財研究所編『西大寺叡尊伝記集成』(1956・大谷出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関東往還記の関連キーワード真言律宗善慶栄尊戒如厳真性瑜信空(2)善春尊如如円尼(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone