降る(読み)フル

デジタル大辞泉「降る」の解説

ふ・る【降る】

[動ラ五(四)]
空からや雪などが連続的に、広い範囲にわたって落ちてくる。また、細かいものが上方からたくさん落ちてくる。「大雪が―・る」「火山灰が―・る」
がおりる。「早霜が―・る」
日光月光が注ぐ。「やしの葉影に―・る月の光」
多く集まり寄ってくる。「―・るほど縁談がある」
[下接句]雨が降ろうがやりが降ろうが子供騒げば雨が降る提灯ちょうちん程の火が降る火が降る槍が降っても
[類語]降りしきる降り募る降り込む降り籠める降り籠められるそぼ降る時雨れる降りみ降らずみぱらつくちらつく降り敷く降り積もる積もる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android