コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積(も)る ツモル

デジタル大辞泉の解説

つも・る【積(も)る】

[動ラ五(四)]
物が次々に重なって高くなる。一面に多くたまる。「雪が―・る」「ほこりが―・る」
物事が少しずつたまって多くなる。次々と加わってふえる。「不平が―・る」「―・る思い」「―・る話」
時や日が重なる。時間が経過する。「日数が―・る」
あらかじめ計算をして見当をつける。値段・数量などを概算する。見積もる。「工事費を―・ってみる」「安く―・っても一万円をくだらない品」
推測する。おしはかる。「人の心を―・る」
酒宴で、この酌で終わりにする。おつもりにする。
「盃の手もとへよるの雪の酒―・る―・ると言ひながら飲む」〈徳和歌後万載集・四〉
見抜いてだます。見くびってばかにする。
「さりとは憎いと言はうか、―・られたと申さうか」〈浮・万金丹・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

積(も)るの関連キーワードレップアンドワランティーコミッテッド・コスト寂びる・荒びる委曲・詳ら十返りの花支払備金表明保証斎藤監物堆積作用しとと寿命てえRQ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android