コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳寅恪 ちんいんかくChén Yín kè

世界大百科事典 第2版の解説

ちんいんかく【陳寅恪 Chén Yín kè】

1890‐1969
中国の歴史学者。江西省修水県の客家(ハツカ)の出身。変法派官僚の家に生まれ,ベルリン,パリ,ハーバード各大学に学んだ。1926年以後,清華大学国学研究院,西南聯合大学,中山大学の教授を歴任,最初東洋語および仏教の研究を主としたが,33年ころから魏晋南北朝・隋史に傾いた。その学風は実証的で,地域的民族的観点から歴史の大勢をとらえるところに特色があり,主著《唐代政治史述論稿》《隋唐制度淵源略論稿》をはじめその業績は内外の学界に大きな影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディアの解説

陳寅恪【ちんいんらく】

中国の歴史学者。江西省義寧の出身。清朝の名門貴族の家に生まれ,祖父は湖南民政・軍政長官,父陳三立は清末の大詩人。青年時代に日本と欧米に留学,1925年,帰国し清華大学教授。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

陳寅恪の関連キーワードチェンインケ牛李の党争

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android