コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸羽西線 りくうさいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸羽西線
りくうさいせん

山形県新庄市庄内町余目を結ぶ鉄道。 JR東日本。全長 43.0km。 1914年全通。初め新庄-酒田を酒田線として通じていたが,1924年羽越本線の全通により,余目-新庄となる。最上川に沿って走り,奥羽本線羽越本線とを結ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陸羽西線【りくうさいせん】

山形県新庄余目(あまるめ)間のJR線。営業キロ43.0km。最上川に沿って奥羽・羽越両本線を結ぶ。1914年全通。初め新庄〜酒田間を酒田線と称したが,1924年羽越本線の全通により余目〜酒田間が所属替えされ,現区間が陸羽西線となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸羽西線
りくうさいせん

東日本旅客鉄道の線路名称。山形県、新庄(しんじょう)―余目(あまるめ)間、43.0キロメートル。全線単線、非電化。新庄盆地より最上(もがみ)川の河谷沿いに庄内(しょうない)平野と結ぶ奥羽地方横断鉄道の一つ。1913年(大正2)に、酒田(さかた)線の名称で新庄―古口(ふるくち)間が開業し、翌年余目、ついで酒田に達した。当時はまだ羽越(うえつ)本線は未開業で、庄内平野を奥羽本線と結んだ最初の鉄道であった。1917年に陸羽西線と改称され、路線の延長に伴って、北は羽後岩谷(うごいわや)、南は鼠ヶ関(ねずがせき)に至る区間が陸羽西線の一部になっていたが、1924年に鼠ヶ関―羽後岩谷間を羽越線に編入、陸羽西線は新庄―余目間のみとなった。1987年(昭和62)日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。愛称は「奥の細道最上川ライン」。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陸羽西線の関連キーワード立川(山形県)東日本旅客鉄道庄内(町)新庄(市)戸沢[村]戸沢(村)立川[町]余目[町]酒田(市)山形(県)庄内[町]新庄[市]酒田[市]東北地方陸羽東線今神温泉本合海陸羽線戸沢村狩川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陸羽西線の関連情報