陸羽西線(読み)りくうさいせん

日本大百科全書(ニッポニカ)「陸羽西線」の解説

陸羽西線
りくうさいせん

東日本旅客鉄道の線路名称。山形県新庄(しんじょう)―余目(あまるめ)間、43.0キロメートル。全線単線、非電化。新庄盆地より最上(もがみ)川の河谷沿いに庄内(しょうない)平野と結ぶ奥羽地方横断鉄道の一つ。1913年(大正2)に、酒田(さかた)線の名称で新庄―古口(ふるくち)間が開業し、翌年余目、ついで酒田に達した。当時はまだ羽越(うえつ)本線は未開業で、庄内平野を奥羽本線と結んだ最初の鉄道であった。1917年に陸羽西線と改称され、路線の延長に伴って、北は羽後岩谷(うごいわや)、南は鼠ヶ関(ねずがせき)に至る区間が陸羽西線の一部になっていたが、1924年に鼠ヶ関―羽後岩谷間を羽越線に編入、陸羽西線は新庄―余目間のみとなった。1987年(昭和62)日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。愛称は「奥の細道最上川ライン」。

[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「陸羽西線」の解説

陸羽西線【りくうさいせん】

山形県新庄余目(あまるめ)間のJR線。営業キロ43.0km。最上川に沿って奥羽・羽越両本線を結ぶ。1914年全通。初め新庄〜酒田間を酒田線と称したが,1924年羽越本線の全通により余目〜酒田間が所属替えされ,現区間が陸羽西線となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「陸羽西線」の解説

りくう‐さいせん【陸羽西線】

奥羽本線新庄駅から羽越本線余目(あまるめ)駅に至るJR線。大正三年(一九一四)新庄・余目・酒田間が全通して酒田線と呼ばれた。同六年現在名に改称。同一三年羽越本線の全通により余目・酒田間はその一部となった。全長四三・〇キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「陸羽西線」の解説

陸羽西線
りくうさいせん

山形県新庄市庄内町の余目を結ぶ鉄道。 JR東日本。全長 43.0km。 1914年全通。初め新庄-酒田を酒田線として通じていたが,1924年羽越本線の全通により,余目-新庄となる。最上川に沿って走り,奥羽本線羽越本線とを結ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス「陸羽西線」の解説

陸羽西線

JR東日本が運行する鉄道路線。山形県新庄市の新庄駅から東田川郡庄内町の余目(あまるめ)駅を結ぶ。愛称は「奥の細道最上川ライン」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android