コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隔世遺伝 かくせいいでん atavism

翻訳|atavism

5件 の用語解説(隔世遺伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隔世遺伝
かくせいいでん
atavism

先祖返りともいわれ,祖先の形質が1世代あるいは数世代のちに再現することをいう。生物学的には隔世遺伝という言葉は使われず,突然変異によって祖先の形質と一致したか,交雑の結果,遺伝子の組換えが行われて,祖先の形質を現すようになったとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かくせい‐いでん〔‐ヰデン〕【隔世遺伝】

先祖返り」に同じ。
子が祖父または祖母に似ること。親のもつ潜性形質が子の世代で分離して現れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

隔世遺伝

 先祖では一般的であったが,現在では一般的にみられない形質が偶然発現する現象をいう場合と孫の世代(F2)に親(F0)の形質が出現すること(劣性ホモでは普通にみられる)を指す場合がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かくせいいでん【隔世遺伝】

先祖にあった劣性形質が世代をへだてて子孫に現れる現象。両親には発現しなかった祖父母の形質が子に現れる場合など。
先祖返せんぞがえり 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隔世遺伝
かくせいいでん

祖先にあった形質が世代を隔てて子孫に現れる現象。第二代雑種F2における劣性形質の分離の場合や、伴性形質が父から娘の代を飛び越えて孫息子に現れる場合など、その実例はしばしばみかけられる。そのため、社会的には広く通用しているが、厳密性を欠くために遺伝学の専門用語としては用いられない。先祖返りの同義語として用いられる場合もあるが、やや概念的に異なっている。[田島弥太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の隔世遺伝の言及

【先祖返り】より

…先祖返りは,ある一つの形質に関してAABBという遺伝子型をもつ祖先種から,祖先種とは違った表現型を示すaaBBとAAbbという系統が生じ,この両系統が交雑してAaBbとなると祖先種のもっている形質が発現するという補足遺伝子(一つの形質を支配する複数の遺伝子)によって説明されたり,復帰突然変異によって説明される場合もあるが,非遺伝的な奇形が偶然に祖先の形質に符合する場合も考えられる。隔世遺伝という言葉が親とは似ず祖父,祖母またはそれ以前の祖先に似ることに対して用いられることもあるが,先祖返りと同義語でもある。【大西 近江】。…

※「隔世遺伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隔世遺伝の関連キーワード後天説後輩後発後手先・前先太り先細り先妣底を入れる腕崎(先)流

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隔世遺伝の関連情報