コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠れ念仏 カクレネンブツ

デジタル大辞泉の解説

かくれ‐ねんぶつ【隠れ念仏】

禁令に反して秘かに浄土真宗一向宗)の信仰を守った信者。また、その集団。薩摩藩では慶長2年(1597)から明治9年(1876)まで続き、信者は厳しく弾圧されたという。禁教の理由として、一向一揆にみられる信者の結束の強さ、身分制度を否定する教義などが考えられている。隠れ門徒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

隠れ念仏【かくれねんぶつ】

江戸時代の島津藩領内でみられた信仰。同藩では一向宗(浄土真宗)を禁じ,宗門改によってキリシタンとともに厳しく取り締まったが,その目をのがれて,表面は他宗の信者となり,ひそかに一向宗を信ずる人々が明治期まで存在した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かくれねんぶつ【隠れ念仏】

〘仏〙 江戸時代、真宗が禁教とされた地域で行われた念仏信仰。薩摩藩のカヤカベ教のように、真宗から逸脱したものもある。また、「隠し念仏」と混同して用いられることもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隠れ念仏の関連キーワードミュージアム知覧秘事法門隠し念仏江戸時代一揆真宗禁令門徒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android