集中神経系(読み)シュウチュウシンケイケイ

大辞林 第三版の解説

しゅうちゅうしんけいけい【集中神経系】

脳や神経節の集まった中枢部と末梢神経とに分化した神経系。環形動物のはしご状の神経系から高等動物の神経管をもつものまで、形態に発達段階がみられる。 ⇔ 散在神経系

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集中神経系
しゅうちゅうしんけいけい

動物体の特定の部位に神経細胞が集中した脳や神経節のような中枢と、その中枢と体の各部とを結ぶ末梢(まっしょう)神経系とに分化した神経系をいう。散在神経系の対語。扁形(へんけい)動物になると、体の前後の位置関係がみられるようになり、運動方向に刺激を受けやすく、感覚細胞は頭部へ集合する傾向が現れ、それに応じて頭部に神経細胞の集中化がおこって、左右1対の頭部神経節を形成する。分節構造を示す動物では、分節ごとに神経節があるが、各分節が独立して機能しているわけではなく、互いに連絡していて、動物が高等になるに応じて、統御機能が脳神経節(頭部神経節)のほうへ集中する傾向がある。その進んだものが節足動物の神経系である。分節構造のない軟体動物では、脳神経節、足神経節、内臓神経節などが主要な中枢として発達し、脊椎(せきつい)動物では脳と脊髄に統御機能が集中し、末梢神経が体の各部と内臓を結ぶ働きをしている。[新井康允]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の集中神経系の言及

【神経系】より

…【水野 昇】
【神経系の系統発生】

[無脊椎動物の神経系]
 進化の初期の段階で出そろった無脊椎動物の神経細胞には,突起の少ない細胞と分泌性細胞が多い。無脊椎動物の神経系はいずれも外胚葉に由来するが,散在神経系と集中神経系の二つの様式がある。ヒドラのような腔腸動物では散在神経系で,神経細胞がその突起で互いに連結し,口を中心に体の全域に網状に分布する。…

※「集中神経系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android