散在神経系(読み)サンザイシンケイケイ

百科事典マイペディアの解説

散在神経系【さんざいしんけいけい】

散漫神経系とも。中枢と末梢の区別がなく,全身に一様に分布する神経系。集中神経系の対。腔腸動物,特にヒドラなどの刺胞動物に特有のもので,表層細胞層に神経細胞が疎に分布して互いに突起を出して連結し,網目構造を形づくっている。1点を刺激されてもあらゆる方向に興奮が伝達されること,刺激が弱い場合は途中で減衰して興奮が局部的になること,伝導速度が小さいことなどが特徴。→神経系

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんざいしんけいけい【散在神経系】

体表に散在した神経細胞が相互に連絡して神経網を構成し、脳や神経節をもたない神経系。ヒドラ・イソギンチャクなどの腔腸動物に見られる。散漫神経系。 ⇔ 集中神経系

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

散在神経系
さんざいしんけいけい

腔腸(こうちょう)動物がもつ神経系で、散漫神経系ともいい、集中神経系の対語である。ヒドラやクラゲなどの腔腸動物の神経細胞は突起を出し、その突起が互いに連絡して神経網をつくっている。この神経網は全身に散在的に広がる。口や咽頭(いんとう)の部分に神経細胞や突起がやや集中しているが、その分布密度にはさほど大きな濃淡の差はない。ヒドラなどの神経網では、興奮の伝わり方に方向性がなく、いずれの方向にも伝わっていく。これらの動物では脳とか脊髄(せきずい)といった神経機能をコントロールする中枢はどこにもないので、個体に加わった刺激に対する反応はきわめて単純で、複雑な行動の発現は不可能である。[新井康允]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の散在神経系の言及

【神経系】より

…【水野 昇】
【神経系の系統発生】

[無脊椎動物の神経系]
 進化の初期の段階で出そろった無脊椎動物の神経細胞には,突起の少ない細胞と分泌性細胞が多い。無脊椎動物の神経系はいずれも外胚葉に由来するが,散在神経系と集中神経系の二つの様式がある。ヒドラのような腔腸動物では散在神経系で,神経細胞がその突起で互いに連結し,口を中心に体の全域に網状に分布する。…

※「散在神経系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android