雇傭契約(読み)こようけいやく

世界大百科事典 第2版の解説

こようけいやく【雇傭契約】

労働者が使用者に対して労務に服することを約し,使用者が労働者にその報酬を支払うことを約する契約(民法623条)。民法の定める典型契約の一つで,請負委任とともに他人の労務を利用する契約であるが,使用者の指揮命令のもとで労働者が労務を提供する点に特徴がある。民法上の雇傭契約では,労働者と使用者は対等な立場でなされる契約ととらえているが,現実には,労働者が不利な立場にたたされている。そこで,賃金や労働時間など契約の中身に法が介在し,労働者と使用者ができる限り対等に近い立場で契約できるよう配慮されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android