コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇傭契約 こようけいやく

1件 の用語解説(雇傭契約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こようけいやく【雇傭契約】

労働者が使用者に対して労務に服することを約し,使用者が労働者にその報酬を支払うことを約する契約(民法623条)。民法の定める典型契約の一つで,請負委任とともに他人の労務を利用する契約であるが,使用者の指揮命令のもとで労働者が労務を提供する点に特徴がある。民法上の雇傭契約では,労働者と使用者は対等な立場でなされる契約ととらえているが,現実には,労働者が不利な立場にたたされている。そこで,賃金や労働時間など契約の中身に法が介在し,労働者と使用者ができる限り対等に近い立場で契約できるよう配慮されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雇傭契約の関連キーワード休業手当争議行為団体交渉権賃金カット労働契約ロックアウト労働組合(労組)服役労務雇用契約

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone