雍和宮(読み)ようわきゅう(英語表記)Yong-he-gong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雍和宮
ようわきゅう
Yong-he-gong

中国,北京市旧内城の東北部にあるラマ教大寺。清の雍正帝即位前の御殿であったが,即位ののち章嘉呼土克図 (ジャンジャ・フトクト) に賜わったもので御殿の面影を残している。中国系の木造建築,黄釉瑠璃 (るり) 瓦ぶきで,外観を多少ラマ廟的に変えた部分があり,内部にその特徴がみられる。現在も漢族チベット族ラマ僧が住んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようわきゅう【雍和宮 Yōng hé gōng】

中国,北京に現存するラマ教寺院。本寺の前身は雍親王府といい,清の雍正帝の即位以前の宮邸(1694年建立)であった。雍正帝の即位後,1725年(雍正3)に旧宮邸の半分がラマ教寺院に改造され,残り半分が行宮として残されて,名も雍和宮と改められた。雍正帝の没後,44年(乾隆9)乾隆帝の命により,雍和宮の全体がラマ教寺院に大改造されて,その寺格も皇居宮殿と同等とされた。雍和宮の主要建造物には天王殿,正殿,永佑殿,法輪殿,万福閣の五つがあり,このうち万福閣は最大の建造物で,その屋内に像高18mの白檀の弥勒立像がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ようわきゅう【雍和宮】

中国の首都、北京で最大規模のチベット仏教寺院。最も保存状態のいいチベット仏教ゲルク派の寺院で、面積は約6万6400m2。1694年に清の第2代皇帝・康煕帝が息子の雍正帝のために建てた貝勒府が、1744年に乾隆帝によってチベット仏教寺院となった。漢やチベット、満州、モンゴル各民族の建築様式が混じり合い、独特の雰囲気を醸し出している。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android