コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雛形本 ひながたぼん

2件 の用語解説(雛形本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雛形本
ひながたぼん

小さくかたどった模型や図案を集めた見本帳のことで,おもに江戸時代から明治にかけての建築,指物,染織などの分野にみられる。なかでも最も多いのは,染織関係の小袖類の柄見本帳で,これらはひなかた,ひいなかた,雛形などと呼ばれて雛形本を代表するものとなっており,別に衣裳雛形,文様雛形,小袖文様雛形などの呼称もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひながたぼん【雛形本】

建築を作る上の技術あるいは意匠の手本などを内容とする江戸時代の木版本。雛形とは実物をかたどって小さく表現したもので,模型や手本もそのひとつである。文章で説明するよりわかりやすいことから設計上の手本として使われ,後に技術の図解や意匠見本も雛形と呼ばれるようになった。1655年(明暦1)の《新篇雛形》は古い例で,特に江戸中期以降多数出版された。書院造の座敷の違棚の意匠見本である棚雛形,数寄屋造の意匠を示す数寄屋雛形,部材の比例を示す木割,あるいは立体幾何学を応用した部材の組立て方法の規矩,大工の技術を図解した大工雛形など多種類に及び,大工技術の伝達および普及,建築の建て主の意匠の選択などに大きな役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雛形本の関連キーワード色を作る絵手本仮名手本構造設計登録意匠折手本火焔式数寄屋竹内類治立川小兵衛

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone