雨燕(読み)アマツバメ

  • 雨×燕
  • 雨燕 (アマツバメ)

デジタル大辞泉の解説

アマツバメ目アマツバメ科の鳥の総称。ツバメに似るが、大形で、翼が著しく長く、体が細長い。全体に黒褐色で、腰が白い。アマツバメ・ハリオアマツバメ・アナツバメなど。主に暖帯から熱帯にかけて分布。
アマツバメ科の鳥。全長約20センチ。日本では夏鳥として断崖(だんがい)などで繁殖し、冬に東南アジア、オーストラリアへ渡る。あまくろつばめ。あまどり。 夏》「―雲の遠(をち)より明けそめて/たかし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① アマツバメ科に属する鳥の総称。ツバメに似るが、さらに翼が長く、鳥の中でも最も空中飛行に適した形をもつ。繁殖時以外には眠る時も含めてほとんど飛びながら過ごし、昆虫を空中で捕食する。世界中に約七〇種あり、日本にはアマツバメ、メヒメアマツバメ、ハリオアマツバメの三種がいる。雨燕類。
② アマツバメ科の鳥。全長約二〇センチメートル。ツバメに似て大きく、黒褐色で、のど・腰の部分は白い。アジア東北部で繁殖し、冬にはヒマラヤやオーストラリアに渡る。日本には夏鳥として四月頃渡来し、海岸や山地の絶壁に巣をつくる。曇天や雨降りの前などにはよく目につく。あまどり。あまくろつばめ。あなぐらつばめ。《季・夏》 〔本朝食鑑(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android