コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲紙 クモガミ

3件 の用語解説(雲紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くも‐がみ【雲紙】

鳥の子紙の一。上に青、下に紫の雲形の模様があるもの。多く色紙・短冊に用いる。うちぐもり。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くもがみ【雲紙】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲紙
くもがみ

紙の上下・左右または四隅に雲の形を重ね漉(ず)きした漉き模様紙の一種。藍(あい)などで染めた紙をもとの繊維にまでほぐし、別に漉き上げた湿紙の上に、そのほぐした繊維の液を少しずつすくい上げて波形の模様をつくる。藤原行成(ゆきなり)筆と伝えられる『雲紙本和漢朗詠集』(御物)は有名。雲紙の名は室町時代から一般化し、江戸時代になると文献に頻出する。最初の発明者も年代も不明。近世から摂津国名塩(なじお)(兵庫県西宮市)や越前(えちぜん)国今立(いまだて)(福井県)などで、主として鳥の子系統の紙で加工され、色紙、短冊などに使用された。打曇(うちぐもり)(内曇とも書く)、飛雲(とびくも)、小(こ)飛雲、雲華紙(うんげし)(雪降り紙)、雲肌紙など各種の変形もくふうされ、工芸紙として装飾面で発達している。手漉きによってのみつくられる芸術紙である。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雲紙の言及

【和紙】より

…打曇は紙の天地にたなびく雲のようにかかり,飛雲は紙のあちこちに浮遊する雲のようにかける。(2)雲竜紙(うんりゆうし)(雲紙(くもがみ)) 着色した繊維や手ちぎりの長い繊維で漉いた紙で,水の変化のある動きが長い繊維にあらわれる。短い繊維のミツマタ等を使えば雲肌紙(くもはだがみ)となる。…

※「雲紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雲紙の関連キーワード鳥の子紙飛雲紙鳥の子花模様平金紫の雲紫の雲路内曇泥入れ鳥の子クラシック・タビー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone