コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子ブック でんしぶっく

4件 の用語解説(電子ブックの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子ブック

CD-ROMなどのメディアで配布される、文章を中心とした電子出版物のこと。または、直径8cm(音楽のシングルCDサイズ)のCD-ROMに文字や画像、音声のデータを収録した電子出版物の規格のことを指す。デジタルブックとも呼ばれる。主に、専用の電子ブックビューアで読めるが、専用のソフトを使えば、パソコンでも読める。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんし‐ブック【電子ブック】

electronic book》8センチCD-ROMを用いて、特定の規格で主に文字情報を収めた出版物。ソニーが中心となって規格を策定、専用の再生機である電子ブックプレーヤーで表示する。商標名。EB。
[補説]電子化された書籍データ全般を指す語としては多く電子書籍が用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電子ブック【でんしブック】

CD-ROMに記録されたテキスト情報を検索するための電子出版規格をさす。その後,デジタル技術の進展と書籍のデジタル化の普及,インターネットの爆発的普及や携帯電話携帯端末技術革新によって,デジタルブックなどともに,広く電子書籍を読むためのハードウエアとしての意味で用いられるようになり,さらに今日では電子ブックリーダーという呼称が普及している。
→関連項目電子書籍

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子ブック
でんしぶっく

ソニーが中心となって開発された、電子書籍の規格の一つ。電子辞書の標準フォーマットであるEPWINGとは互換性はない。言語や地域、拡張機能の違いなどにより、EB、EBXA、S-EBXAなどいくつかの仕様がある。文字や画像などのデータを提供するメディアとして、直径8センチメートルCD-ROMを利用し、それを専用キャディケース)に収めたもの。電子ブック用の端末としては、1990年代にソニーから発売された「データディスクマン」が最初で、液晶とCD-ROMプレーヤーを備えた形態であった。また、パーソナルコンピュータ(パソコン)からも、専用アプリケーションインストールすることで読むことができた。販売された電子ブックは、百科事典や辞書をはじめ、学習用や趣味向けなど多岐にわたったが、どちらかというと今日の電子辞書的なコンテンツが多かった。
 松下電器産業(現パナソニック)や三洋電機からも電子ブックプレーヤーが発売されたが、のちに撤退、ソニーも電子ブックプレーヤーの販売を2000年(平成12)で終了した。その後のソニーの電子書籍関連の取り組みとしては、2004年に表示方法に電子ペーパーを採用したリブリエを発売したが、2007年に端末の生産を、2008年にコンテンツ販売を終了した。2010年には、やはり電子ペーパーによる表示を行うReader(リーダー)を発表している。Readerは、2006年のアメリカを最初に、ヨーロッパ、オーストラリアなどで先行販売されていた。なお、電子書籍一般を電子ブックと称することもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

電子ブックの関連キーワードブートROMROM in RAMマルチリードCD-ROMROMMSCDEX.EXECD-ROM Extension炎上マーケティングROMROMカートリッジ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子ブックの関連情報