コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気ストーブ でんきストーブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気ストーブ
でんきストーブ

電熱線から放射される熱線を暖房に利用したもの。電熱部の後方に反射面をもつ反射式,熱を上方に出し,空気の対流を利用して室内全体を暖める対流式,赤外線ヒーターをガラス管内に入れた赤外線式などがあり,対流を促すためのファンがついたものもある。悪性のガスなどを発生せず,きわめて衛生的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんき‐ストーブ【電気ストーブ】

電熱を利用した室内用の暖房器。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電気ストーブ【でんきストーブ】

電熱線の発熱を熱源とする暖房具。清潔で衛生的だが,燃料費が高い。対流型,反射型,対流放射型,温風を送風する温風式,電熱線を石英管に封入した赤外線式などがある。
→関連項目ストーブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

でんきストーブ【電気ストーブ】

電気ヒーターを熱源とするストーブ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気ストーブ
でんきすとーぶ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の電気ストーブの言及

【ストーブ】より

…幕末以後は石炭ストーブが輸入されるようになり,1873年(明治6)には東京神田の増田という人が国産ストーブを発売した。明治30年代に入るとガスストーブも国産され,1914年には京都電灯が電気ストーブを製造発売した。石油ストーブも明治時代から使われ,国内でも生産されたが,いずれもぜいたく品であった。…

※「電気ストーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電気ストーブの関連キーワード家電製品のリモコン電気機械器具工業電子温風暖房機電気ヒーター電気器具

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電気ストーブの関連情報