電気ストーブ(読み)でんきストーブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱線から放射される熱線を暖房に利用したもの。電熱部の後方に反射面をもつ反射式,熱を上方に出し,空気の対流を利用して室内全体を暖める対流式,赤外線ヒーターをガラス管内に入れた赤外線式などがあり,対流を促すためのファンがついたものもある。悪性ガスなどを発生せず,きわめて衛生的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

電熱線の発熱を熱源とする暖房具。清潔で衛生的だが,燃料費が高い。対流型,反射型,対流放射型,温風を送風する温風式,電熱線を石英管に封入した赤外線式などがある。
→関連項目ストーブ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ストーブはstove) 発熱体にニクロム線などを用いた暖房用電熱器。熱を反射板で一定方向に向ける反射式、熱の対流作用を応用する対流式などがある。
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉八「電気ストーヴにあたってゐたのを覚えてゐるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の電気ストーブの言及

【ストーブ】より

…幕末以後は石炭ストーブが輸入されるようになり,1873年(明治6)には東京神田の増田という人が国産ストーブを発売した。明治30年代に入るとガスストーブも国産され,1914年には京都電灯が電気ストーブを製造発売した。石油ストーブも明治時代から使われ,国内でも生産されたが,いずれもぜいたく品であった。…

※「電気ストーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電気ストーブの関連情報