コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気ストーブ でんきストーブ

5件 の用語解説(電気ストーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気ストーブ
でんきストーブ

電熱線から放射される熱線を暖房に利用したもの。電熱部の後方に反射面をもつ反射式,熱を上方に出し,空気の対流を利用して室内全体を暖める対流式,赤外線ヒーターガラス管内に入れた赤外線式などがあり,対流を促すためのファンがついたものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんき‐ストーブ【電気ストーブ】

電熱を利用した室内用の暖房器。 冬》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電気ストーブ【でんきストーブ】

電熱線の発熱を熱源とする暖房具。清潔で衛生的だが,燃料費が高い。対流型,反射型,対流放射型,温風を送風する温風式,電熱線を石英管に封入した赤外線式などがある。
→関連項目ストーブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

でんきストーブ【電気ストーブ】

電気ヒーターを熱源とするストーブ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気ストーブ
でんきすとーぶ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電気ストーブの言及

【ストーブ】より

…幕末以後は石炭ストーブが輸入されるようになり,1873年(明治6)には東京神田の増田という人が国産ストーブを発売した。明治30年代に入るとガスストーブも国産され,1914年には京都電灯が電気ストーブを製造発売した。石油ストーブも明治時代から使われ,国内でも生産されたが,いずれもぜいたく品であった。…

※「電気ストーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電気ストーブの関連キーワード電気釜電熱熱線熱線風速計シースヒーター誘導放射能距離二乗則放射暖房ガス測定器カンタル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電気ストーブの関連情報