コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電荷保存則 law of conservation of charge

3件 の用語解説(電荷保存則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

電荷保存則【law of conservation of charge】

電荷保存の原理」のページをご覧ください。

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電荷保存則
でんかほぞんそく
law of conservation of electric charge

電気量保存則ともいう。閉じた系の正・負の電荷の代数和は常に一定であるという法則。この保存則は巨視的電磁気学でも,微視的量子力学でも成り立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電荷保存則
でんかほぞんそく
principle of conservation of charge

閉じた系内の電荷の和(プラス電荷とマイナス電荷の総量)は時間が経過しても不変であるという法則。電荷保存の法則または電気量保存の法則ともよぶ。電荷は化学反応原子核反応、および素粒子の崩壊、生成消滅という現象に至るまで保存されることが実験的、経験的に確かめられている。電荷保存則素粒子論でのゲージ変換理論から導き出され、エネルギー保存則運動量保存則と同じく自然の基本的性質と考えられている。ある限られた空間を考えたときに、その空間を出入りする電荷に関して、電荷密度をρ、電流密度iとすると
∂ρ/∂t+div i=0
という連続の式で電荷保存則を表すことができる(tは時間)。[山本将史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電荷保存則の関連キーワード運動量保存則角運動量保存則電荷閉じた系保存則機械エネルギー保存則質量恒存の法則質量保存則保存の法則マクスウェル‐アンペールの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone