青大きゅうり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

青大きゅうり[果菜類]
あおだいきゅうり

東海地方、愛知県地域ブランド
主に常滑市蒲郡市などで生産されている。尾張地域では戦前から栽培されていた。太く、シャキシャキとした歯ごたえがある。6月から10月の間に出荷。あいちの伝統野菜

青大きゅうり[果菜類]
あおだいきゅうり

中国地方、広島県の地域ブランド。
主に福山市で生産されている白いぼ系きゅうり。長さは約30cm、重さは1kg弱と大型。果肉は厚く、外側には歯応えがある。内側はやわらかく粘りをもち、ほのかに甘い。塩揉み油炒めや煮物・漬物などに使われる。大正時代から栽培されているが、晩生種で収穫量が少ないため、生産は減少。近年、自家用栽培が大半を占める。福山市では、どぶうりと呼ばれる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android