コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青大きゅうり

デジタル大辞泉プラスの解説

青大きゅうり

愛知県、広島県などで生産される在来種キュウリ。短く太い形状で、大きなものは重さ1kgほどにもなる。尾張地方では戦前より栽培されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

青大きゅうり[果菜類]
あおだいきゅうり

東海地方、愛知県地域ブランド
主に常滑市蒲郡市などで生産されている。尾張地域では戦前から栽培されていた。太く、シャキシャキとした歯ごたえがある。6月から10月の間に出荷。あいちの伝統野菜

青大きゅうり[果菜類]
あおだいきゅうり

中国地方、広島県の地域ブランド。
主に福山市で生産されている白いぼ系きゅうり。長さは約30cm、重さは1kg弱と大型。果肉は厚く、外側には歯応えがある。内側はやわらかく粘りをもち、ほのかに甘い。塩揉み油炒めや煮物・漬物などに使われる。大正時代から栽培されているが、晩生種で収穫量が少ないため、生産は減少。近年、自家用栽培が大半を占める。福山市では、どぶうりと呼ばれる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

青大きゅうりの関連キーワード中国地方東海地方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android