コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青色半導体レーザー アオイロハンドウタイレーザー

2件 の用語解説(青色半導体レーザーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あおいろはんどうたい‐レーザー〔あをいろハンダウタイ‐〕【青色半導体レーザー】

blue semiconductor laser》波長が短い青色の光を発する半導体レーザー。従来の赤色のレーザー光に比べて焦点をより小さく絞りこめるため、光ディスク記録密度を高めることができ、DVDブルーレイディスクなどの光源に利用されている。青色レーザー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青色半導体レーザー
あおいろはんどうたいれーざー

波長が短い青色のレーザーコンパクトディスク(CD)、デジタル多用途ディスクDVD)などに用いられる。光ディスク用のレーザー光は、波長が短い方が絞り込みやすく、高密度記録が容易になる。このため、従来の赤色レーザーにかわるものとして、青色半導体レーザー(2.5倍の高記録密度を可能にする)が、とくにDVD用に開発された。青紫色レーザーを用いることによって、12センチメートル径のDVDディスクに、赤色レーザー方式の数倍の容量、片面15~30ギガバイトを記録する技術が、すでに確立されている。
 青色発光ダイオードの開発に成功した日亜化学工業(本社、徳島県阿南(あなん)市)の中村修二(現カリフォルニア大学教授)が、GaN(窒化ガリウム)とAlGaN(アルミニウム窒化ガリウム)をそれぞれ交互かつ多層に積み重ねた超格子構造により、5ミリワット、波長400ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)のレーザー発振に成功、加速試験により1万時間の推定寿命を得て、同社は1999年(平成11)初めからサンプル出荷を始めた。さらには30ミリワットで寿命500時間のものを開発し、製品化を進めている。このほか、ソニー(本社、東京都品川区)は、GaN系材料で波長410ナノメートルと398ナノメートルの青紫色レーザーの室温連続発振に成功、松下電器産業(現パナソニック。本社、大阪府門真(かどま)市)も波長400ナノメートルのレーザー発振に成功するなど開発中のものは多く、製品化を急いでいる。
 また、これとは別にZnCdS(亜鉛硫化カドミウム)系の量子井戸構造を用いた波長525ナノメートルの緑色レーザーが、先行して開発されているが、寿命は400時間と短い。[岩田倫典]
『西沢潤一・中村修二著『赤の発見 青の発見』(2001・白日社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青色半導体レーザーの関連キーワードNMOSBGSEMATECHINSECSEMIMOSFETBlue.ブルーズ・ムーズローゼンブラット:エチュード・イン・ブルー/piano soloMISダイオード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青色半導体レーザーの関連情報