コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非ナチ化 ひナチかEntnazifizierung; denazification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非ナチ化
ひナチか
Entnazifizierung; denazification

連合国の意向にそってあらゆる公的領域からナチズムと軍国主義を一掃するため,第2次世界大戦後のドイツにおいてとられた措置の総称。 1945年8月のポツダム協定で明確にされた非ナチ化は,当初占領軍自身の手によって行われたが,占領地域によって異なり,最もきびしいアメリカ軍占領地域では 131項目にわたる質問表による調査が行われ,その回答により重罪,有罪,微罪,同調者無罪に分けられた。処罰として拘禁,公職追放,職業制限,財産没収,科料,特別労役のいずれかが課された。ソ連軍占領地域では社会変革の一手段として利用され,主としてナチス党幹部,戦犯,ユンカーらが対象となった。英仏軍占領地域では対象の半分が無罪となるなどゆるやかであった。ナチズムについてのこのような認定の形式的なやり方はドイツ国民の不満を招き,48年頃からアメリカ占領軍も積極的に追及することを控えるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android