コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非電解質 ひでんかいしつnonelectrolyte

5件 の用語解説(非電解質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非電解質
ひでんかいしつ
nonelectrolyte

溶液にした場合に電離してイオンを生じない物質をいい,電解質に対置される物質のことである。代表的なものとしてはショ糖,アルコールベンゼンなどがある。これらの化合物の希薄溶液沸点上昇凝固点降下の程度,浸透圧の強さなどは,溶質のモル濃度に比例するので,これらに関連した事項の研究に役立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

非電解質【ひでんかいしつ】

溶液中でイオンに解離しない物質。電解質の対。砂糖,アルコール,ベンゼンなど多くの有機化合物非電解質である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

非電解質
ひでんかいしつ
non-electrolyte

水溶液中でイオンに解離しない物質をいう。電解質に対する語。物質の水への溶解には、可逆な場合と不可逆な場合とがあり、前者は水を蒸発乾固すると溶質が析出する。この場合、溶質がイオン性物質であれば、溶液に電導性が現れる。これが電解質である。これに対して、溶質が分子性化合物であれば、溶液中にも分子が存在し電気を通さない。このような物質を非電解質という。たとえば砂糖水、デンプン液などがそうである。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の非電解質の言及

【電解質】より

…しかし,この分類は必ずしも正確とはいえず,むしろ解離の度合は物質の結合の性質に依存することから,つぎのような分類もなされる。液体または融解状態(高温下)で物質の導電性を調べてみると,導電性を示す物質(電解質)と示さない物質(非電解質nonelectrolyte)とに分かれる。融解状態で導電性を示す物質(融解電解質)は陽イオンと陰イオンによるイオン結合からなり,いわば〈真の電解質true electrolyte〉であり,いわゆる強電解質に相当する。…

※「非電解質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非電解質の関連情報