コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繊維植物 せんいしょくぶつfibre plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繊維植物
せんいしょくぶつ
fibre plant

,縄,織物などの原料となる繊維をとることができる植物。茎葉の繊維には,二次師部(→二次維管束)の繊維細胞に由来する靭皮繊維と,木部に由来する木部繊維とがある。靭皮繊維は長くて強く,弾性にも富むので,綱や布に適し,木部繊維はやわらかく多量に得やすいので,紙に適する。和紙には靭皮繊維を用いるため,強靭な利点があるが,量産が困難である。茎葉の繊維以外に,主要なものとしてワタの繊維がある。ワタの繊維は種子に生じる毛であり,主としてセルロースからなる細胞壁が本体で,吸湿性,保温性に優れ,衣料に好適である。おもな繊維植物にはワタのほか,製綱用,織物用にアマアサラミージュートサイザルアサ,製紙用にモミツガエゾマツ,和紙用にコウゾミツマタガンピカジノキクワなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

繊維植物
せんいしょくぶつ

その植物繊維を衣類や製紙、敷物、籠(かご)などの原料にする植物をいう。繊維植物は有史以前より日常生活に重要な役割を果たしてきた。身近に利用される種類も多く、2000種以上あると推定されている。フィリピンだけでも750種を上回るといわれる。しかし、流通機構にのるものは紡績用のワタやアサなど数少ない。化学繊維や合成繊維の出現で加工的な軽工業は衰退したが、天然繊維の持ち味が再認識され、複合繊維活用の時代に突入している。また各種の植物繊維は幅広く「住」の領域で人工材料(テックス、ファイバーボード)の形で盛んに利用されつつある。
 繊維植物は用途によって次のように分けられる。紡績・製紙用(コウゾ、ガンピ、ミツマタ、タケ、モミ属、トウヒ属など)、ブラシ・箒(ほうき)用(ココヤシ、ホウキモロコシ、コウボウムギ)、莚(むしろ)や帽子・籠などの組編み用(コシダ、コリヤナギ、アケビ、トウ、シチトウイ、イグサ、アダン、麦藁(わら)など)、クッションや救命用具などの充填(じゅうてん)用(カポック、藁など)、天然布用(シュロ、ヘチマなど)。
 また、植物組織の利用部位によって次のように分類できる。種子の表皮の毛である表皮細胞性の繊維を利用するもの(ワタ、トウワタなど)、単子葉植物に多い機械組織にあたる厚膜細胞性の繊維を利用するもの(マニラアサ、サイザルヘンプ、ゲットウ、バショウ、アナナスなど)、木部繊維を利用し、主として製紙パルプに用いられるもの(タケ、エゾマツ、トドマツ、シナノキ、ハンノキ、ヤナギなど)、篩部(しぶ)に発達する長くて軟らかい篩部繊維を利用するもの(アマ、アサ、コウマ、カジノキ、クワ、ヤブマオ、ラミーなど)。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の繊維植物の言及

【有用植物】より

…そうした点からは,再生可能な森林資源の育成はきわめて重要な問題となっている。
[繊維植物]
 紙,衣服,マットや籠,あるいはロープなどの結束料として,植物繊維の利用は広範にわたっている。〈結ぶ〉ということがない人間文化は存在しえないだろうし,紙のない現代文明は想像できない。…

※「繊維植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

繊維植物の関連キーワードアオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)リュウゼツラン(竜舌蘭)サンフランシスコゴテラチトセラン(千歳蘭)ニュージーランドアサシウダードビクトリアヤブマオ(藪苧麻)リュウゼツラン科セント・ヘレナ島センスンテペケダシホウズ州コトパクシ州チンボラソ州アマ(亜麻)ユカタン半島サンセベリアカンペチェ州アジア博物館プエブラ州イラクサ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

繊維植物の関連情報