靴下・沓下(読み)くつした

精選版 日本国語大辞典「靴下・沓下」の解説

くつ‐した【靴下・沓下】

〘名〙
① くつをはくときなどに、素足に着けるもの。くつたび。ソックスストッキングなど。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉五「時々ふらんねるの襦袢を著、毛織の靴下をはき」
蹴鞠(しゅうきく)のときのくつの音。〔諸礼筆記(1706)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android