コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞠生松原 まりふのまつばら

防府市歴史用語集の解説

鞠生松原

 鞠生町に残っている中世までの海岸線の跡です。砂の上にはえた松が今でも残っています。室町時代には、大内義弘[おおうちよしひろ]が鞠生松原で、九州に向かう足利義満[あしかがよしみつ]をもてなしたと言われていたり、江戸時代の終わりには江戸幕府の軍との戦いに出る長州藩[ちょうしゅうはん]の軍が鞠生松原に集まったりと、歴史の舞台にも登場します。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

鞠生松原の関連キーワード山口県防府市鞠生町防府(市)小烏神社三田尻

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android