コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭高 カシラダカ

デジタル大辞泉の解説

かしら‐だか【頭高】

[名]ホオジロ科の鳥。全長約15センチ。背は栗色で、腹は白い。春に雄は頭頂部とほおが黒くなる。頭の羽毛を立てる習性がある。アジア東部に分布し、日本では冬鳥で、畑や雑木林でみられる。たすずめ。かしら。 秋》
[名・形動ナリ]矢が肩越しに高く見えるように箙(えびら)を負うこと。また、そのさま。
「大中黒の矢―に負ひなし」〈義経記・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしらだか【頭高】

[3] ( 名 )
スズメ目ホオジロ科の小鳥。背面は暗褐色で、濃褐色の点紋がある。鳴く時に頭頂の羽毛を立てる。シベリアで繁殖し日本には冬鳥として渡来。
( 名 ・形動ナリ )
矢筈やはずが肩越しに見えるように箙えびらを負う・こと(さま)。 「切斑きりふの矢の…残つたりけるを-に負ひなし/平家 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

頭高 (カシラダカ)

学名:Emberiza rustica
動物。ホオジロ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

頭高の関連キーワードヘビクイワシ(蛇喰鷲)パンパ・インディアンヒクイドリ(火喰鳥)ネアンデルタール人掴み差し・摑み差し対レーダ・ミサイル同音語のアクセントダチョウ(駝鳥)火食鳥・食火鶏オオウミガラスシャニダール人アムッド洞穴人ディナール人種ディアトリマエピオルニスヒクイドリレア(鳥)清水次郎長グルジア人大住院以信

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭高の関連情報