コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼み/恃み/憑み タノミ

デジタル大辞泉の解説

たのみ【頼み/×恃み/×憑み】

たのむこと。依頼すること。また、その内容。願い。「―を聞き入れる」
たよりにすること。あてにすること。「年金を―にする」
結納(ゆいのう)。
「密通をいたせしこと、神(しん)もって存ぜず、それゆゑ―も受納いたせし所に」〈滑・膝栗毛・発端〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たのみ【頼み】

[3][1] たのむこと。依頼すること。また、その内容。 「 -を聞き入れる」
[1][3] たよりにすること。あてにすること。 「 -にならない人」
結納ゆいのう。 「御祝言の-がくる/浄瑠璃・薩摩歌」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

頼み/恃み/憑みの関連キーワード溺れる者は藁をも摑む頼む木の下に雨漏る杖とも柱とも頼む杖も孫ほどかかるラストリゾート此の上とも心臓が弱い長所は短所手を空ける言い逸れる糸脈を引く福地の園頼みの綱プリーズ思ひ頼む頼もし人櫓櫂なし幾重にも信をなす肝煎宿

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android