コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎炎(顎骨炎) がくえんがくこつえん Maxillitis

1件 の用語解説(顎炎(顎骨炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がくえんがくこつえん【顎炎(顎骨炎) Maxillitis】

[どんな病気か]
 むし歯が進行して細菌が増殖すると、歯髄(しずい)に炎症がおよんで歯髄炎(しずいえん)(「歯髄炎」)になります。
 歯髄の炎症は容易に歯の根の尖端(せんたん)におよんで、根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)(「歯根膜炎(根尖性歯周炎)」)が発症します。
 この段階での治療を怠ると、炎症が歯の周囲や歯の植わっている歯槽骨(しそうこつ)におよんで、歯槽膿瘍(しそうのうよう)(「歯槽膿瘍」)や歯槽骨炎(しそうこつえん)になります。
 さらに進行すると、あごの骨に炎症が広がり、顎炎(顎骨炎)になります。
 炎症が骨膜(こつまく)や骨髄(こつずい)に広がったものを顎骨骨膜炎(がくこつこつまくえん)、顎骨骨髄炎(がくこつこつずいえん)といいますが、両方が同時におこることが多いため、顎炎という診断名で統一されています。
[症状]
 根尖性歯周炎の段階では、かむと痛かったり、歯が浮いた感じがしたりする程度ですが、歯槽骨炎や歯槽膿瘍になると、痛みが強くなり、歯ぐきが赤く腫(は)れたり、歯ぐきから膿(うみ)が出たりします。
 顎炎といわれる状態になると、痛みはますます強くなり、原因となる歯を中心に歯ぐきが腫れあがり、食事も満足にできなくなります。
 顔が腫れたり、顎下(がくか)リンパ節が腫れたりして、熱も出てきます。
 炎症がさらに顎骨周囲の筋肉や結合組織に広がると蜂巣織炎(ほうそうしきえん)となって、生命をおびやかす重篤(じゅうとく)な状態になります。
[治療]
 症状や経過から、診断は容易ですが、検査はおもにX線検査が行なわれます。
 治療には抗菌薬、抗炎症薬解熱鎮痛薬が用いられますが、安静を保ち、口腔(こうくう)の清掃に努めることもたいせつです。
 膿瘍を形成している場合は、切開排膿(せっかいはいのう)を行ないます。
 炎症がおさまったら、原因となる歯の抜歯(ばっし)が必要です。
[予防]
 むし歯は放置しないで、炎症が歯や歯の根の周囲に限局している時期に、早く歯の治療をすることがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

顎炎(顎骨炎)の関連キーワード進展転帰どんどん節何心地不死身プリマドンナ病は気からう(齲)食う(齲)食性むし歯

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone