歯槽骨炎(読み)しそうこつえん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顎骨(がくこつ)の炎症が歯槽骨部(顎骨のなかで歯を直接支えている部分)に限局しているものを歯槽骨炎とよび、急性歯槽骨炎と慢性歯槽骨炎とに分けられる。

[矢﨑正之]

原因と感染経路

原因は各種のブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌、大腸菌などの単独感染によるか、種々の腐敗菌、嫌気性菌の加わった混合感染による。また、感染経路としては、(1)う蝕(しょく)(むし歯)から歯髄炎を経て根尖(こんせん)性歯周炎(いわゆる歯根膜炎)を生じ、これがさらに周囲の骨に拡大するもの、(2)歯の周囲の軟組織の炎症、すなわち歯肉炎、辺縁性歯周炎などに継発するもの、(3)抜歯創、骨折、あるいは歯肉損傷などからの感染によるもの、(4)身体の他の部の炎症から血行を介して感染するもの、などがあげられる。

[矢﨑正之]

臨床所見と経過

臨床的にみると前述の(1)である、う蝕が原因となっておこる歯槽骨炎がもっとも多く、そのほとんどが急性歯槽骨炎である。急性歯槽骨炎では、拍動性の著明な疼痛(とうつう)があり、誘因歯の弛緩(しかん)動揺と激しい打診痛、咬合(こうごう)痛があり、舌でその歯に触れても痛い場合が多い。隣在歯の動揺と打診痛は少なく、あっても軽度である。腫脹(しゅちょう)は誘因歯の頬側(きょうそく)の歯肉および歯肉頬移行部に限局するが、炎症が進行するにしたがって、外頬部まで腫脹することがあり、所属リンパ節の腫脹と圧痛もみられる。全身症状としては発熱、ときには悪寒を伴い、不眠、頭痛とともに食欲不振に陥る。根尖部にたまった膿汁(のうじゅう)(うみ)は、歯槽骨の抵抗の弱いところに排泄(はいせつ)路を求めて外方に進むため、歯槽骨の骨膜下に膿瘍(のうよう)(骨膜下膿瘍)を形成し、さらに歯肉膿瘍となる。膿汁が粘膜下に出て歯肉膿瘍を形成すると、骨内の内圧が下がり、自発痛は急速に減退して炎症は限局し、波動を触れるようになる。歯肉膿瘍が自潰(じかい)するか、または人工的な切開によって排膿すると、排膿部に瘻孔(ろうこう)(管状のあな)が残ったまま苦痛のない慢性歯槽骨炎に移行する。

 歯槽骨炎の場合、細菌の菌力が強いときや局所の抵抗力が減弱しているときには、炎症は歯槽骨にとどまらず顎骨骨体部にまで拡大し、顎骨骨膜炎、顎骨骨髄炎、さらには周囲軟組織の口腔(こうくう)底炎、顎骨周囲炎、扁桃(へんとう)周囲炎、頬部蜂窩織炎(ほうかしきえん)などをおこすことがある。

[矢﨑正之]

治療

歯槽骨炎のほとんどは急性症状を示すため、初期には全身と局所の安静を保ち、抗生物質と非ステロイド系消炎剤の投与を行う。膿瘍を形成した場合には切開して排膿を図る。急性症状が消退したのちは、原因歯に対する処置を行う。多くは感染根管が原因となっているため、可能な限り感染根管治療によって原因歯の保存を図るが、歯周組織の破壊の状態によっては抜歯の処置を行うこともある。

[矢﨑正之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android