コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風不死岳 ふっぷしだけ

2件 の用語解説(風不死岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風不死岳
ふっぷしだけ

北海道南西部,千歳市の支笏湖南岸にそびえる火山。標高 1103m。支笏カルデラ形成後,カルデラ内に噴出した円錐 (コニーデ) 形の成層火山輝石安山岩火山砕屑物から成り,浸食が進んで,火口の跡は判然としない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふっぷしだけ【風不死岳】

北海道南西部,支笏(しこつ)湖南岸にある円錐形火山。標高1103m。支笏湖北岸の恵庭(えにわ)岳,南隣の樽前山が現在も活動しているのに対して,頂上には火口もなく,活動を停止している。山体は浸食されて放射状の谷をもち,古い山体のように見える。旧名のフップウシ(アイヌ語で〈トドマツの多い山〉の意)のとおり,トドマツが群生し,頂上付近のお花畑はみごとである。登山路は初心者向きではない。北東麓にモラップ国設スキー場,キャンプ場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

風不死岳の関連キーワード恵庭岳勇払川支笏湖温泉休暇村支笏湖支笏湖ユースホステル支笏の秘水洞爺湖[温泉]大滝〈村〉北海道千歳市支笏湖温泉北海道千歳市

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風不死岳の関連情報