コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ

デジタル大辞泉の解説

けい【景】

[名]景色。ながめ。その場のありさま。「白一色の冬山の
[接尾]助数詞。演劇で、幕をさらに細かく分けた場面を数えるのに用いる。「二幕三

けい【景】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) エイ(漢)
学習漢字]4年
〈ケイ〉
日の光。ひかげ。「返景
眺め。景色(けしき)。「景観景勝景物遠景佳景光景叙景絶景点景背景風景夜景
ありさま。ようす。「景況情景
仰ぎ慕う。「景仰(けいこう)景慕
大きい。「景福
〈エイ〉(「」と通用)写真。「景印」
[名のり]あきら・かげ・ひろ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けい【景】

けしき。ながめ。情景。 「眼下の-を賞する」
演劇で、一幕の中を場面によって分けた単位。シーン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

景の関連キーワードランドスケープアーキテクチャーチントーチェン加藤吉左衛門天野藤次衛門道阿弥(2)パクキョンニ加藤藤三郎一筆庵英寿三井三郎助清水九兵衛富岳・富嶽肥田雄太郎大庭景久荻野三郎井鳥為長朝倉敏景加藤竹里鎌田酔石秋元行朝香川黄中

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

景の関連情報