(読み)ケイ

デジタル大辞泉の解説

けい【景】

[名]景色。ながめ。その場のありさま。「白一色の冬山の
[接尾]助数詞。演劇で、幕をさらに細かく分けた場面を数えるのに用いる。「二幕三

けい【景】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) エイ(漢)
学習漢字]4年
〈ケイ〉
日の光。ひかげ。「返景
眺め。景色(けしき)。「景観景勝景物遠景佳景光景叙景絶景点景背景風景夜景
ありさま。ようす。「景況情景
仰ぎ慕う。「景仰(けいこう)景慕
大きい。「景福
〈エイ〉(「」と通用)写真。「景印」
[名のり]あきら・かげ・ひろ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けい【景】

[1] 〘名〙
① 日の光。日光。日ざし。
※玉葉‐承安四年(1174)七月二七日「夕陽西傾、其景不公卿座」 〔陶潜‐帰去来辞〕
② 見わたしたありさま。けしき。光景。風景。ながめ。
※太平記(14C後)一七「雪中の景(ケイ)をぞ興ぜさせ給ける」
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「編輯局の一角は、農家の夜なべのような景を呈し」 〔謝朓‐将遊湘水尋句渓詩〕
③ 興を添えるもの。
※寝白粉(1896)〈小栗風葉〉三「三絃(いと)の、景(ケイ)のと独り忙はしげに立廻れり」
[2] 〘接尾〙 劇などの場面。いくつかに分けた場面の一つ。ふつう、大きく「幕」に分け、幕の中をさらに「景」に細分する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報