コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風早/風速 カザハヤ

4件 の用語解説(風早/風速の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かざ‐はや【風早/風速】

風が強く吹くこと。多く「かざはやの」の形で、風の激しい土地の形容として用いる。
「―の三穂の浦廻(うらみ)を漕ぐ舟の舟人騒く風立つらしも」〈・一二二八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かざはや【風早】

風が激しく吹くこと。 「 -の美保の浦廻うらみの白つつじ/万葉集 434」 「伊勢の-の国/倭姫命世紀」

かざはや【風早】

広島県東広島市安芸津町風早の地か。⦅歌枕⦆ 「 -の浦の沖辺に霧たなびけり/万葉集 3615

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風早
かざはや

古代から近世にかけての伊予国(愛媛県)の郡の一つ。現在の松山市の一部、忽那(くつな)諸島などの島嶼(とうしょ)を含んだ。古くは風速とも称し、『和名抄(わみょうしょう)』に風早と記された。近世は大洲(おおず)、松山両藩に分割されたが、松平氏入封後、島嶼を除いて松山藩領となる。1897年(明治30)に温泉郡に入り消滅した。郡名は風が強いの意ほか諸説がある。[横山昭市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風早/風速の関連キーワード風早実秋風早実積風早公長そよ吹く波風ひゅうびゅう空風吹雪く

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone