コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風早/風速(読み)カザハヤ

デジタル大辞泉の解説

かざ‐はや【風早/風速】

風が強く吹くこと。多く「かざはやの」の形で、風の激しい土地の形容として用いる。
「―の三穂の浦廻(うらみ)を漕ぐ舟の舟人騒く風立つらしも」〈・一二二八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かざはや【風早】

風が激しく吹くこと。 「 -の美保の浦廻うらみの白つつじ/万葉集 434」 「伊勢の-の国/倭姫命世紀」

かざはや【風早】

広島県東広島市安芸津町風早の地か。⦅歌枕⦆ 「 -の浦の沖辺に霧たなびけり/万葉集 3615

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風早
かざはや

古代から近世にかけての伊予国(愛媛県)の郡の一つ。現在の松山市の一部、忽那(くつな)諸島などの島嶼(とうしょ)を含んだ。古くは風速とも称し、『和名抄(わみょうしょう)』に風早と記された。近世は大洲(おおず)、松山両藩に分割されたが、松平氏入封後、島嶼を除いて松山藩領となる。1897年(明治30)に温泉郡に入り消滅した。郡名は風が強いの意ほか諸説がある。[横山昭市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android