コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛行情報区 ヒコウジョウホウク

3件 の用語解説(飛行情報区の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひこう‐じょうほうく〔ヒカウジヤウホウク〕【飛行情報区】

エフ‐アイ‐アール(FIR)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひこうじょうほうく【飛行情報区 flight information regions】

FIRと略称される。国際航空交通の安全確保と効率化のために国連の国際民間航空機関(ICAOイカオ))によって設定された空域のこと。各情報区では特定の航空交通管制機関がその空域内を飛行するすべての航空機に対して航行に必要な情報を提供し,かつ,遭難事件が発生した場合はただちに捜索・救難活動を行うことが義務づけられている。飛行情報区には公海の上空のみならず各国の領空も含まれているが,その運用にあたっては領空に対する各国の主権よりも航空交通の円滑な運航と安全性が優先して考慮されるのが特色で,その趣旨から情報区の名称も国名ではなく責任管制機関の所在地名がつけられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛行情報区
ひこうじょうほうく
Flight Information Region

航空機の安全で効率のよい航行を確保するため、各国が責任をもって航空機への情報提供航空管制)や緊急時の捜索救難活動などを行う空域。国際民間航空機関(ICAO(イカオ))によって加盟各国に割り当てられている。英語名称の頭文字をとってFIRと略称でよばれ、「航空情報区」と訳されることもある。飛行情報区は領空(領海上空)と公海上空を含んだ空域のうち、各国の領空に対する主権よりも、円滑な航空交通を考慮して設定される。このため名称には国名をつけず、業務を担当する管制センターや航空交通管理センターの所在地名がつけられる。一般に、この空域に入る航空機には、その管制当局への飛行計画の提出が義務づけられる。日本が管轄する飛行情報区を通過する航空機の使用者には、飛行回数や飛行距離などに応じて航行援助施設利用料を課している。
 日本の管轄には東京飛行情報区(東京FIR)と那覇(なは)飛行情報区(那覇FIR)があったが、2006年(平成18)に東京管制部と那覇管制部の洋上管制業務が福岡県の航空交通管理センターで一元的に実施されるようになり、空域も福岡飛行情報区に統合された。日本周辺には、ハバロフスク、ペトロハブロフスク・カムチャッキー、アンカレッジ、オークランド、マニラ、台北、上海、仁川、平壌の各飛行情報区がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飛行情報区の言及

【航空交通管制】より

…航空交通管制の具体的な目的は,航空機相互の衝突予防,空港内および航行空域における航空機と障害物の衝突予防,航空交通の促進と秩序ある流れの維持にある。なお,飛行情報区flight information regions(FIRと略称される)というのは,ICAO(イカオ)の加盟国が,航空交通業務を行う責任の範囲を示すもので,技術的必要性に立脚して定められており,領空とか防衛圏といった性格はない。日本では東京FIRと那覇FIRの二つの空域がその管轄となっている。…

【航空交通管制】より

…航空交通の安全と秩序を図るため,航空機の離着陸の順序・時期,飛行経路などを指示し,気象状況,地上の状態など航空機の運航に必要な情報を提供する業務をいう。飛行情報区の中で管制区または管制圏に指定された空域(管制空域)および飛行場において行われる。航空交通管制の具体的な目的は,航空機相互の衝突予防,空港内および航行空域における航空機と障害物の衝突予防,航空交通の促進と秩序ある流れの維持にある。…

※「飛行情報区」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飛行情報区の関連キーワード国際航空条約交通警察FIR航空交通管制部海上人命安全条約航空交通管制所国際航空運送事業国際航空気象通報式国際航空協会100万分の1国際航空図

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛行情報区の関連情報