コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍荼利明王 ぐんだりみょうおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍荼利明王
ぐんだりみょうおう

軍荼利はサンスクリット語 Kuṇḍalīの音写。五大明王の一つ。南の方角に配置される。瓶の中の平等性智の水を一般の人々の心に注いで,人々のなかによい性質を起し育成するという。軍荼利夜叉,大咲明王ともいう。四面四臂,一面八臂に造像されるが,手足に多くのへびが巻きついているのが特徴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐんだり‐みょうおう〔‐ミヤウワウ〕【軍荼利明王】

五大明王の一。南方に配される。ふつう一面三目八臂(はっぴ)で武器を持ち、憤怒(ふんぬ)の相をなし、蛇を瓔珞(ようらく)とする姿に表される。軍荼利夜叉明王。軍荼利夜叉。軍荼利。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

軍荼利明王 ぐんだりみょうおう

密教の明王。
宝生(ほうしょう)如来化身として,悪敵をしりぞけ,甘露で生あるものをすくう。ふつう一面八臂(はっぴ)の忿怒(ふんぬ)相で,蛇が身体にまきつく姿をとる。京都の醍醐(だいご)寺,大覚寺の像が有名。五大明王のひとつで,南方を守護する。甘露軍荼利,吉利吉利(きりきり)明王とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんだりみょうおう【軍荼利明王】

五大明王の一尊で南方に位置する。サンスクリット名はKuṇḍalī。煩悩や障害を取り除き,毘奈耶迦(びなやか)を払いのける力があるとされ,修法の中でこの尊の印や真言を用いたり,歓喜天法を行って功験があらわれない場合に歓喜天を責めるために軍荼利明王の修法を行うことがあるといわれる。日本に残る作例に,単独像はなく,胎蔵界曼荼羅の中か,あるいは五大明王の中の一尊として表現されている。胎蔵界曼荼羅に登場するのは,いずれも二臂像である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんだりみょうおう【軍荼利明王】

五大明王の一。南方に配され、自己愛にかかわる煩悩を断つ。像は、普通、一面三目八臂で激しい怒りの相をなし、多くの蛇が巻きついている。軍荼利。軍荼利夜叉。軍荼利夜叉明王。大咲明王。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍荼利明王
ぐんだりみょうおう

五大明王の一尊で、南方に配置される。サンスクリット語のクンダリーKualの音訳。7世紀中ごろの阿地瞿多(あじくた)訳『陀羅尼集経(だらにじっきょう)』に説かれ、軍荼利夜叉(やしゃ)、大咲(たいしょう)明王、吉利吉利明王とも別称。すべての障碍(しょうげ)すなわち毘奈耶迦(びなやか)を除去し、歓喜天(かんぎてん)を支配する形像は、醍醐寺(だいごじ)蔵の五大明王にみられるような一面八臂(はっぴ)の姿のほか、四面四臂などの異形がある。[真鍋俊照]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

軍荼利明王の関連キーワード飯能(市)軍荼利の法高山不動軍荼利法金勝寺密教宝生

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android