コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餡パン アンパン

4件 の用語解説(餡パンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あん‐パン【×餡パン】

餡入りの丸いパン。明治7年(1874)東京銀座の木村屋が、米と麹(こうじ)で生地を発酵させる「酒種(さかだね)あんぱん」を創製。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あんパン【餡パン】

中にあんを入れた菓子パン。日本独特のパンの一つ。◇1874(明治7)年、東京・銀座のパン店「木村屋」(現木村屋總本店)の創業者木村安兵衛と英三郎の父子が考案したものとされる。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あんパン【餡パン】

中に餡を入れた菓子パン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

餡パン
あんぱん

餡入りの丸形パン。もともとは1874年(明治7)東京・銀座の木村屋が創製した。ヨーロッパのパンと和菓子の餡の組合せが成功し、人気を博した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

餡パンの関連キーワード島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ岩崎弥太郎カズヌーヴ菊池三渓善助成島柳北西周

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone