コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬医草紙 ばいのそうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬医草紙
ばいのそうし

馬医方で守り神とされている和漢の伝説的な名医肖像や,馬の良薬と秘伝される薬草を描いた図巻。現在東京国立博物館所蔵の1巻と残欠2図が伝来。ともに紙本着色。前者は和漢の名医 (伯楽,医公法薬,頼公,東群,天,大汝,王良,幡蓋,神農,越後丹介) の画像およびその従者と,厩につながれた馬を描き,続いて 17種の薬草を図解するもので,巻末に文永4 (1267) 年の年記がある。後者は厩にいる馬 (クワウリュウ) の図と大汝の図で,東京国立博物館本にやや先行するものと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばいそうし〔バイサウシ〕【馬医草紙】

鎌倉時代の絵巻。前半に和漢の名医10人の肖像と名馬の姿を描き、後半に馬の良薬とされる17種の薬草を図示する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬医草紙
ばいそうし

鎌倉時代の絵巻。馬医道の守護神とされる和漢の伝説的な名医10人の肖像を描き、像の傍らに厩(うまや)につながれた名馬の姿を添え、上方の色紙形に馬医の忌日などが記されている。なお後半部には馬の良薬とされる薬草17種の図解と名が示される。東京国立博物館に文永(ぶんえい)4年(1267)書写の奥書をもつ一巻(重要文化財)が伝わり、また同絵巻中の二場面(馬と巫女(みこ)の図)と同一図様の断簡二図が残る。断簡の絵は細部の描写がより正確で、東博本に先行する制作とみられる。当時、実用的な目的からこの種の絵巻が転写され、流布したものと思われる。[村重 寧]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

馬医草紙の関連キーワード鎌倉時代断簡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android