コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場信春 ばばのぶはる

世界大百科事典 第2版の解説

ばばのぶはる【馬場信春】

1513‐75(永正10‐天正3)
戦国時代の甲斐の武将。民部少輔,美濃守。旧名教来石(きようらいし)景政。馬場氏は甲斐の名族であったが,虎貞が武田信虎の怒りに触れ切腹して家が絶えたので,晴信(信玄)の命で信春が家を継いだ。彼は信虎,晴信,勝頼の3代に仕えて軍功多く,後に武田の四臣に数えられた。長篠の戦では勝頼に退却を進言したがいれられず,結局敗軍のしんがりをつとめ,本隊の脱出を見届けてから討死した。【笹本 正治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬場信春の関連キーワード馬場信春(2)牧之島城馬場昌房馬場信勝馬場信房葛山城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬場信春の関連情報