コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場信春 ばばのぶはる

1件 の用語解説(馬場信春の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばばのぶはる【馬場信春】

1513‐75(永正10‐天正3)
戦国時代の甲斐の武将。民部少輔,美濃守。旧名教来石(きようらいし)景政。馬場氏は甲斐の名族であったが,虎貞が武田信虎の怒りに触れ切腹して家が絶えたので,晴信(信玄)の命で信春が家を継いだ。彼は信虎,晴信,勝頼の3代に仕えて軍功多く,後に武田の四臣に数えられた。長篠の戦では勝頼に退却を進言したがいれられず,結局敗軍のしんがりをつとめ,本隊の脱出を見届けてから討死した。【笹本 正治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

馬場信春の関連キーワード中山孝親勧修寺常信阿蘇惟前安倍元真覚円法親王加藤景光邦輔親王相良晴広檜垣常郷冷泉隆豊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬場信春の関連情報