馬場平遺跡(読み)ばばだいらいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)「馬場平遺跡」の解説

馬場平遺跡
ばばだいらいせき

長野県南佐久郡川上村御所平(ごしょだいら)所在の先土器時代遺跡。千曲(ちくま)川水源に近い段丘上に立地し、標高約1180メートル。(やり)先形尖頭器(せんとうき)を主に、掻器(そうき)、削器(さっき)、石核などが検出された。石材は頁岩(けつがん)、安山岩などが主で、黒曜石はわずかであった。尖頭器には、小型柳葉(りゅうよう)形、木葉(もくよう)形など形のうえでいくつかの種類がみられた。この遺跡は1952年(昭和27)に調査され、槍先形尖頭器を含む石器群が先土器時代に属することを最初に確認した、学史的にも重要な遺跡である。

戸沢充則

『芹沢長介「長野県馬場平遺跡略報」(『石器時代』第1号所収・1955・石器時代研究会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android