馬甲(読み)ばこう

世界大百科事典 第2版の解説

ばこう【馬甲】

馬のよろい。青銅または鉄の小札(こざね)をとじ合わせてつくった馬の身を防護する武具馬鎧(うまよろい)の語も使用する。馬甲の初現についてはなお確かでないが,2~3世紀のパルティア人がこれを使用していたことは,シリアのドゥラ・ユーロポス出土の青銅製小札をつづった馬甲の実物と,同遺跡の住居で発見された,甲冑に身を固め槍を手にした戦士が甲をつけた馬を駆る壁面線刻画によって知ることができる。朝鮮の安岳3号墳や中国雲南省昭通県後海子東晋墓の壁画に描かれた馬甲と馬冑によって,馬の武具が4世紀中ごろから末には東アジアにも伝えられていたことは確実である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の馬甲の言及

【大谷古墳】より

…石棺は,近畿の家形石棺としては初期に属し,とくに蓋の形態が九州の家形石棺の一部に酷似する。副葬品中に馬冑,馬甲がある。日本ではほかに確例をみないが,大陸では北魏などの鎧馬騎俑や高句麗の鎧馬壁画に表現され,また韓国釜山市東萊区福泉洞10号墳に馬冑をみる。…

※「馬甲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android