馬面(読み)ばめん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「馬面」の解説

馬面
ばめん

の額やをおおう馬具の一種。防御と装飾を兼ねている。スキタイなどの騎馬民族が使用していたものが,中国に広まったものと思われる。革,青銅製。日本では古墳出土のものはごくわずかで (和歌山県大谷古墳) ,埴輪の馬にもその着装の様子を示すと思われるものが若干あるにすぎない。平安時代の唐鞍 (からくら) に着ける馬は銀面と呼ばれ,鍍金銀製で額に挿頭花 (かざしのはな) を飾ることがある。 (→馬具 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「馬面」の解説

ば‐めん【馬面】

〘名〙
① 馬の。また、人の顔で馬のように長いもの。うまづら。
※発心集(1216頃か)四「諸のたけきけだもの数も不知集る馬面(バメン)なるもあり、牛に似たるもあり」 〔北史‐斛律光伝〕
② 馬具の一つ。馬の面に当てる具。唐鞍(からぐら)の銀面、近世の馬鎧(うまよろい)龍面(りょうめん)の類の総称。馬面鎧。〔文明本節用集(室町中)〕

うま‐づら【馬面】

〘名〙
※発心集(1216頃か)四「さまざまの形したる鬼神、諸のたけきけだもの数も知らず集る。馬面なるもあり、牛に似たるもあり」
※咄本・鯛の味噌津(1779)佐次兵衛「女房の顔は馬づらだんのう」
② 魚「かわはぎ(皮剥)」の異名。
※浜荻(庄内)(1767)「皮はぎを馬づら又かうぐり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「馬面」の解説

ば‐めん【馬面】

馬の顔。また、馬のように長い顔。馬づら。
馬具の一。馬の額から鼻のあたりをおおうもの。装飾用と武装用とがある。

うま‐づら【馬面】

馬のように長い顔。顔の長い者をあざけっていう。うまがお。
馬面はぎ」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「馬面」の解説

ばめん【馬面】

馬の顔面や額の保護を兼ねた装飾で,大別して額だけを飾る短いものと,額から鼻までの長手のものとがあり,まれな例としてパジリク出土の頭部全体を飾るものがある。中国では時代によって,当盧(とうろ),(よう),鏤錫(ろうよう)などの名称も用いられた。木,革,(ぼう),象牙,銅,青銅,金銅,銀,金など各種の材質が使われ,石を象嵌した青銅製品もある。東アジアから北方ユーラシア,西アジア,地中海世界に広く分布し,さまざまな形が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android