コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬面 ばめん

6件 の用語解説(馬面の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬面
ばめん

馬の額や鼻をおおう馬具の一種。防御と装飾を兼ねている。スキタイなどの騎馬民族が使用していたものが,中国に広まったものと思われる。革,青銅製。日本では古墳出土のものはごくわずかで (和歌山県大谷古墳) ,埴輪の馬にもその着装の様子を示すと思われるものが若干あるにすぎない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うま‐づら【馬面】

馬のように長い顔。顔の長い者をあざけっていう語。うまがお。
馬面剥(はぎ)」の略。

ば‐めん【馬面】

馬の顔。また、馬のように長い顔。馬づら。
馬具の一。馬の額から鼻のあたりをおおうもの。装飾用と武装用とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ばめん【馬面】

馬の顔面や額の保護を兼ねた装飾で,大別して額だけを飾る短いものと,額から鼻までの長手のものとがあり,まれな例としてパジリク出土の頭部全体を飾るものがある。中国では時代によって,当盧(とうろ),錫(よう),鏤錫(ろうよう)などの名称も用いられた。木,革,蚌(ぼう),象牙,銅,青銅,金銅,銀,金など各種の材質が使われ,石を象嵌した青銅製品もある。東アジアから北方ユーラシア西アジア地中海世界に広く分布し,さまざまな形が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うまづら【馬面】

長い顔を評していう悪口。うまがお。
「うまづらはぎ」の略。

ばめん【馬面】

馬のように細長い顔。うまづら。
馬具の一種。馬の額から鼻にかけておおうもの。唐鞍からくらの銀面など装飾用のものと馬鎧うまよろいの竜面りようめんなど武装用とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬面の関連キーワード被保護国兼ね役カフスボタン気を兼ねるジャブ装飾紙ループタイ動物保護区バールド (bald)白面 (bald)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬面の関連情報