コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬頭星雲 ばとうせいうんHorsehead Nebula

翻訳|Horsehead Nebula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬頭星雲
ばとうせいうん
Horsehead Nebula

オリオン座の三つ星の左端ζ星のやや南にある暗黒星雲。肉眼で直接見ることはできないが,天体写真では,散光星雲を背景としてウマの首の形をした暗黒星雲が見られる。天球上での見かけの大きさは角度で約 4′,地球からの距離は約 1300光年である。背後の散光星雲は IC434でほぼ同じ距離にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

馬頭星雲【ばとうせいうん】

オリオン座の三つ星の一つζ星の南に広がる暗黒星雲。ζ星の周辺にある散光星雲の光を背景に,手前にある星間塵が光を吸収しているため,黒人,馬の頭のように見える。距離1100光年。
→関連項目暗黒星雲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばとうせいうん【馬頭星雲 Horsehead nebula】

オリオン座の三つ星のいちばん東側のζ星の南に広がる馬の頭のような形をした暗黒星雲。ζ星の周辺にあるIC434散光星雲の明るい光を背景に,手前にある濃い星間塵が光を吸収して黒く見えている。IC434星雲と馬頭星雲はたまたま同じ方向に見えているのではない。両者は接触しており,一方は1万Kの高温で,他方は10Kの低温である。そのため,暗黒星雲の縁の部分がとくに明るくなっている。距離はオリオン座の他の青白い星々と同じように1100光年である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばとうせいうん【馬頭星雲】

オリオン座の三つ星のうち東側の星の南にある暗黒星雲。近くの散光星雲内に黒く浮かび出た形が馬の頭に似る。距離1100光年。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬頭星雲
ばとうせいうん
Horse-Head Nebula

オリオン座の腰帯の部分にあたる三つ星のすぐ南東部に位置する暗黒星雲。その形が馬の頭とそっくりであるため、このような名がつけられた。背後に、IC434というカタログ番号をもった散光星雲があり、それは三つ星の南端の星アルニタク(「腰帯」の意)からの光で輝いている。その光を遮る宇宙塵(じん)の雲が、さながら馬頭状の影絵のように見えているのである。この星雲までの距離は約1200光年と見積もられている。[池内 了]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の馬頭星雲の言及

【星雲】より

…プレヤデスの写真には,それぞれの恒星の近くにはけで掃いたような反射星雲が見えるのは,この時期にあたる。
[暗黒星雲]
 オリオン座の馬頭星雲,みなみじゅうじ座の石炭袋などが有名である。天の川の明るい星野光を背景にして,その光を遮り覆い隠しているのが暗黒星雲である。…

【星間物質】より

…〈ダスト雲〉と呼ばれるが,〈暗黒星雲〉というもっと神秘的な名まえもある。その形から〈馬頭星雲〉とか〈コールサック(石炭袋)〉といったおもしろい名まえがついている。このようなとくに星間塵の多いところでないふつうの星間ガスの中にも星間塵は存在し,空間赤化や星間吸収から,1辺が100mの立方体の中に大きさ0.1μmほどの星間塵が1個程度あることが知られているが,星間塵の化学組成を推定するのは困難である。…

※「馬頭星雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android