コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅逓司 えきていし

2件 の用語解説(駅逓司の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えきていし【駅逓司】

明治初期における交通通信をつかさどる官庁。1868年(明治1)閏4月,太政官官制の改定にともない,新設の会計官中に設けられた。当時の陸上輸送は,軍事・行政上の公用通行の激増と宿助郷(すけごう)の疲弊によって,深刻な困難に陥っていた。発足当初の駅逓司は諸道の人馬継立(つぎたて)を管掌し,宿駅制度の改革を進めたが,村々の抵抗によって困難を極めた。69年6月民部官,同年8月民部省の所管となり,71年3月,東京~京都~大阪間に官営郵便を開設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駅逓司
えきていし

明治初期、交通・通信をつかさどった官庁。明治政府成立当初、交通・通信事務は内国事務科、ついで内国事務局の所管であったが、政体書による太政官(だじょうかん)制で1868年(慶応4)閏(うるう)4月21日、会計官のもとに駅逓司が設置され、翌年民部官(のち民部省)新設とともに、その下に移管された。71年(明治4)3月、郵便制度実施に伴い駅逓事務は重要性を増し、7月27日、大蔵省に移管され、まもなく駅逓寮に改組された。ついで74年1月内務省に移管、為替(かわせ)や貯金業務をも始め、機構を拡充した。さらに77年1月、駅逓局と改称、81年4月新設の農商務省の所管となり、85年内閣制度のもとで逓信省が新設された。[時野谷勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の駅逓司の言及

【郵政省】より

…郵政事業(郵便,貯金,簡易保険のいわゆる郵政三事業)を運営するとともに,電気通信行政を担当する行政機関。その歴史は1868年(明治1)設置の駅逓司,85年設置の逓信省にさかのぼるが,これが1949年郵政省と電気通信省に分割された。その後,52年電気通信省の主体は日本電信電話公社(現,日本電信電話(株))となり,郵政省は電波監理行政や日本電信電話公社の監督業務をも担当することとなり,今日に至っている。…

※「駅逓司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

駅逓司の関連キーワード魂魄右弁官駅逓局左弁官史臣修撰掌典伶官録事文教の府

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone