(読み)ガ

精選版 日本国語大辞典の解説

が【駕】

〘名〙 (「が」は「駕」の慣用音。「か」とも) のりもの。特に、かご、または馬がひく車。
※続日本紀‐文武三年(699)二月丁未「詔免駕諸国騎兵等今年調役」 〔論語‐郷党〕

が‐・す【駕】

〘自サ変〙 ⇒がする(駕)

が‐・する【駕】

〘自サ変〙 が・す 〘自サ変〙
① 馬、車などの乗り物に乗る。
※山槐記‐仁安二年(1022)二月二日「於門外車給」
※太平記(14C後)三〇「輦(てくるま)に駕(カ)して宮中を出入す」
② 車に牛、馬をつける。牛、馬などに車を引かせる。
※史記抄(1477)一三「路馬は天子の路車を駕する馬也」
③ 他をしのいで、その上に出る。凌駕する。
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「数(ス)コットや笠(リッ)トンや〈略〉近代の大家多しといへども力めて之に駕(ガ)せんとせば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駕の関連情報