コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駱賓基 らくひんきLuo Bin-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駱賓基
らくひんき
Luo Bin-ji

[生]1917
[没]1994.6.11. 北京
中国の作家。吉林省琿春の人。本名,張璞君。上海で抗日戦争に参加,その体験をもとに一連報告文学『大上海の一日』 (1938) を書いた。その後も創作活動を続け,短編集『北望園の春』 (46) ,長編『混沌』 (47) を発表。解放後も『王媽媽』 (53) などの小説,随筆執筆。中国作家協会北京分会副主席。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

駱賓基【らくひんき】

中国の作家。吉林省の生れ。日中戦争初期に上海周辺の戦闘に参加。その体験に基づいた《大上海の一日》で認められ,その後短編《北望園の春》,長編《混沌》などを発表。きめ細かい作風をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らくひんき【駱賓基 Luò Bīn jī】

1917‐94
中国現代の作家。吉林省琿春県に生まれる。本名張璞君。〈満州事変〉で郷土を奪われた,おなじ東北出身の作家蕭軍(しようぐん)や蕭紅の活躍に刺激をうけ,上海に出て抗日救国運動に参加(1936),その抗戦を描いた《大上海の一日》(1937)や《東戦場別動隊》(1938)などの報告文学(ルポルタージュ)により作家活動を開始,とくに抗戦期には南部を転々とする間に,短編集《北望園の春》や長編自伝小説《混沌》など多産な作家として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らくひんき【駱賓基】

1917~1994) 中国の作家。吉林省生まれ。東北抗日義勇軍の戦いをえがいた「辺陲線上」が処女作。抗日戦中は救亡文化活動に従事。短編集「北望園の春」、「金文新考」など。ルオ=ピンチー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駱賓基
らくひんき / ルオピンチー
(1917―1994)

中国の作家。本名張璞君(ちょうはくくん)。吉林(きつりん)省琿春(こんしゅん)県の商人の家に生まれる。北京(ペキン)で新しい文学、思想に触れ、東北(旧満州)に戻るが、1936年「満州国」当局に追われ上海(シャンハイ)に脱出。蕭軍(しょうぐん)、蕭紅の活躍に鼓舞され、抗日救国軍を描いた処女作『辺陲線上(へんすいせんじょう)』(1938)を書き、おもに抗日戦を描いたルポルタージュ風短編で知られた。上海陥落後、香港(ホンコン)、桂林(けいりん)、重慶(じゅうけい)、上海などで文学活動を続け、『北望園の春』(1942)をはじめとする短編は戦時下の庶民の哀歓を描いて新生面を開いたものと高い評価を受けた。中華人民共和国成立後は山東省文教委員会委員、同省文学芸術聯合(れんごう)会副主席などを歴任。文化大革命中は攻撃を受ける。その後金文研究に従事し、その方面の著作がある。ほかに『蕭紅小伝』(1947)、『過去の年代』(1960)などがあり、『駱賓基小説選』(1981)が出ている。[平石淑子]
『小野忍・飯塚朗訳『北望園の春』(1955・岩波書店) ▽市川宏訳『蕭紅小伝』(『現代中国文学12』所収・1971・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

駱賓基の関連キーワードルオピンチー2月12日処女作小野忍ルオ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android