骨張/骨頂(読み)コッチョウ

デジタル大辞泉の解説

こっ‐ちょう〔‐チヤウ〕【骨張/骨頂】

《「骨張(ほねば)る」の音読で、「頂」は当て字という》
程度がこれ以上ないこと。最高の段階。初め善悪いずれにも用いたが、現代は好ましくないことについていうのが普通。「愚の―」「やぼの―」
「仏門においては、祝ひの―なるべけれ」〈おらが春
意地を張ること。強く主張すること。
「その余党等、以ての外に―し、数通の起請文を書きて」〈折たく柴の記・中〉
強く言いたてる人。中心人物。張本人。
「智積、覚明、仏光等の―の輩六人」〈盛衰記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほね‐ば・る【骨張】

〘自ラ五(四)〙
① 骨が多く出てごつごつしている。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一七「骨張(ホネバ)った甲野さんの肩を」
② 意地を張る。強く主張する。骨張(こっちょう)する。
※無名抄(1211頃)「身をたてんとほねはるべきなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android