骨張/骨頂(読み)コッチョウ

デジタル大辞泉の解説

こっ‐ちょう〔‐チヤウ〕【骨張/骨頂】

《「骨張(ほねば)る」の音読で、「頂」は当て字という》
程度がこれ以上ないこと。最高の段階。初め善悪いずれにも用いたが、現代は好ましくないことについていうのが普通。「愚の―」「やぼの―」
「仏門においては、祝ひの―なるべけれ」〈おらが春
意地を張ること。強く主張すること。
「その余党等、以ての外に―し、数通の起請文を書きて」〈折たく柴の記・中〉
強く言いたてる人。中心人物。張本人。
「智積、覚明、仏光等の―の輩六人」〈盛衰記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android